≫ EDIT

【雑感】古代中国人の話し方

ふと思ったことを

創作上の表現とリアルについて

拙者、下手の横好きながら
格闘技やってたもんだから、
映画とかマンガでの格闘描写に
ついつい「リアル目線」を入れちゃうのよね

「その角度じゃ首締まらないよね・・・」
とか
「そこ殴ってもそういう効き方しないよね・・・」
とか

まあ、こういうの気にするのは俺みたいに
だいたい自分は弱いくせに経験があるってだけで
一丁前の態度とってるやつぐらいだと思うけど

ただ
どんなにその作品に没頭してても
そういうツッコミどころがでてくると
どうしても上に書いたみたいな
下らない「リアル雑念」が頭に浮かんでしまうのです

インターネットのオタクたちに有名なので
「弓道警察」ってのがあるよね

俺は弓道知らねーから詳しく分からないけど
アニメやマンガで弓道のシーンがあると
弓の持ち方だとか引き方だとかに
事細かくイチャモンつけてくる人が多いんだって

くだらねーなぁ…
って思ったりもするけど

だけど、やっぱ弓道経験者からしたら
気になっちゃうんだろうなぁとも思う

まあ
それを大声で喚き散らして批判するのは
どうなんだいと思うけど
そうじゃなくても
そういうシーンが出てきた瞬間
「あ、ここ違う・・・」
って思って作品に入り込めなくなることは
あるのかも知れない…
弓道に限ったことじゃなく、ね


そんなことを考えながら
俺のマンガのことを思い返してみた

俺のマンガ
季布がコートみたいなの着てるし
髪型がおかしい人ばっかりだし
全然古代中国感でてないけど
一応辻褄合わせはできるようにしてるのよ!
もちろん「自分なりに」だから
自己満足には変わりないんだけど…

自己満足のひとつとして
「話し方が現代風」ってのがありますよね

最近はあんまり言われないけど
「古代中国の人がカタカナ喋ってる!」
みたいなコメントたまに頂きました

なんというか
こういうコメントを下さる方の頭のなかには
古代中国の人は日本の時代劇みたいな
ゴザル口調で喋るもんだという先入観みたいなのがあるんだと思うんですが

私がブロークンな口調で登場人物に会話させるのは
そういうのへのアンチテーゼみたいなのもあるんです

だって彼らは古代中国人ですよ?
リアルに考えるなら
現代日本人たる我々には解読不能な言葉をベラベラ喋ってたハズで
なんで日本の江戸時代っぽい喋り方をさせにゃならんのだ?
そりゃ日本の戦国武将が「ピンチだ!」とか言ったら変だけど
項羽も劉邦も「ピンチだ!」とは言わなかっただろうけど
「危機でござる!」とも言わなかっただろ!
きっと「ニーダチンチン・ウォー・マンマン!」みたいな感じの謎の言葉を発してたハズなんだよ!

彼らは自分たちが古臭い言葉使いをしていたなんて思ってないハズ!
だから私は現代日本人の使う言葉遣いを彼らに話させてるのです!!


っていう個人的なこだわりがあったんだけど

最近になって思うのは
「古代中国の人は時代劇っぽく喋る」
という世界観がある人がこのマンガを読んだら
カタカナのセリフが出てきた時点で
もう作品に入り込めなくなっちゃうんじゃないかなぁ
ってことなんですよね

私は自分のやりたいことをマンガにブチ込んでるので
別に今更口調を改めようとも思わないけど
この話し方のせいで読んでくれない方が出てしまうのは
それはそれで残念だな…と

まあこれは弓の持ち方と違って
分かりやすい正解例ってのがないから
これ以上話を掘り下げることもしないけど

なんていうのかな
自分の信念に基づいてやってきたことではあるけど
「万人受け」するのはやっぱり時代劇風だったりしたのかな
なんて思ったりもする

ただまあ
何度も言ってるけど
俺はこのマンガを昔の人の時代劇として描くんではなく
彼らの生きていた時代が彼らにとっての現代だったっていう
そういうスタンスで描いていきたいと思ってるから
どうしても時代劇風にはできんのですわ

うーん
これもまた一種のリアルめくら

いつものことながら考えがまったくまとまりそうにないので
これにて終了でござる!


(追記)
色々ウダウダ言いましたが
もし「カンニング・スタンツ」で
「弓の引き方が違う」だとか「この時代の○○はこういう形です」みたいな
ツッコミがあれば遠慮なく言って頂きたいです
普通に勉強になるので・・・

ただ、その時はできればソースも一緒に持ってきて頂けると…
お好み焼きが美味しく食べられる気がします…

拙者も歴史を嗜む者の末席として
どんなものでも安易に信じず
まずは疑ってかかる習性がありますれば…
何卒宜しくでござる…


(追追記)
前回の記事にコメントして下さった方、大変ありがとうございました!
とても嬉しかったです。頑張りますので今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

| 未分類 | 02:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泥沼の三十七話・終了

長かった三十七話「新戦場」を終わらせることができました・・・

振り返ってみればこの話だけで六ヶ月近く消費してるんですね。
そして作中の経過時間は一日という・・・

この前最後の更新分を描き終えて
なんか今とても気持ちがダウンしております。
最後の方は個人的にもすごい力を入れたんですが
なんか見返してみると全然伝わってくるものがなくて
案の定読者の方からの反応もいつも以上に乏しいものに・・・

なんか自分の力のなさを全身で感じております・・・
もう自分には面白い漫画を描くことなんて一生無理なんじゃないかという思いに押しつぶされそうなんですが、まあなんとか回復していければなって感じです。


一応今回も元ネタ紹介していきます。

◎鄭亜拳

3765.png  alv.jpg

今回初登場した項籍の近侍・鄭亜拳(てい・あけん)は
漢代に活躍した所謂「有土卿相の侠」の代表格でもある鄭当時の祖として伝わる人物です。
といっても名前は「鄭君」として記されているだけで(「君」はおそらく尊称)詳細は全く分かっておりません。
項籍の滅亡後、彼の配下を集めた劉邦は
「項籍の名前を名乗ったら俺の部下にしてやんよ」

という鬼畜な採用条件を提示したのですが、
その際にこれを拒否して下野したのがこの鄭君だったらしいです。

この「項籍の名前を名乗れ」というのはちょっとどういうことなのか分からないのですが、
古代中国の人にとって名前は神聖なものだったので、(だから字・あざななんてものを名乗った)
まあ要するに項籍を侮蔑するとともに、旧主に対してそれだけのことができるかどうかを試させたのでしょうが
劉邦らしい底意地の悪いエピソードだと思います。
項羽と劉邦といえば爽やかなライバル関係みたいな描写も多いですが
こういうマイナー人物に伝わっている逸話からは、真に迫るものを感じますね。

で、このエピソードをみて思うことは、
鄭君は拒否ったけど、それを受け入れて劉邦の配下になった人っているのか?
ってことです。
「項籍の名を名乗れ」ってのは「籍」を姓にしろやってことなのだとしたら、
劉邦の男妾だった籍少年とか、ちょっと時代が下るけど籍福とか籍少翁だとかが籍姓の人物としていますわな。
まあ籍姓自体はそれ以前も存在した姓ですが、なんか妄想の捗る逸話でもあります。
(「項籍の名前を読ませた」と解釈する資料もあったのですが、それだと面白くないので不採用)

話が長くなりましたが、作中での鄭君のモデルは
総合格闘家のエディ・アルバレスです。
日本で活躍していた時は「アメリカン・ナックルスター」の異名で親しまれていたので、
それをとって「鄭亜拳」です。


◎灌嬰と周勃のイビリ

3723.png

今回描いた、灌嬰と周勃が無能な指揮官をイビリ殺すというエピソードはもちろん創作ですが
灌嬰も周勃も陳平・魏勃・賈誼ら新興のインテリ層に対して強烈な拒否反応を示す保守系の武官として名前を残しています。
あまり豊富とはいえない当時の史料に、
同じような逸話を2つも3つも残しちゃうってのは
まあ、そういう人達だったということじゃないですかね。

ちなみに今回劉邦のパワハラな一面を描いたため
「劉邦は上司にしたくない」みたいなコメントを結構もらいましたけど
普通の人は劉邦が直属の上司になるようなことは余程の縁でもない限り難しいことなので
安心していいですよ。
普通の人は劉邦に怒られるような身分になる前に、
その部下の部下の部下ぐらいの人にぶん殴られながら出世を目指さなきゃいけないのです・・・。


◎俺の首、獲れるもんなら獲ってみろ!

3768.png

今回の最後を飾った項籍の雄叫び
これを描きたいがために雍丘の戦いを描いたと言っても過言ではない。

元ネタは
PRIDE武士道で五味がルイス・アゼレドをKOした後に
三宅アナウンサーが叫んだセリフ

この試合、アゼレドに対してフラストレーションを溜めていた五味は
KOした後も自制を失ってアゼレドを攻撃しようとするんですよね。
そんな感じ。


該当セリフは5:20頃から


こんなもんですかね。
なんかイマイチパッとしませんね。

よろしく。

| 未分類 | 01:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ヒトラーの忘れもの」「MERU メルー」観たよ

どうも

前回の記事で
「映画を観たらちゃんと感想を書こうと決めました」
とか言っておきながら

もうさっそく書く気が失せているぼくです。

でも年始の決意を
1月中に破るのもアレなんで
書きまーす。


◆「ヒトラーの忘れもの」
★★★★☆(観てよかった)

第二次大戦が終結し、ナチス・ドイツの支配から開放されたデンマーク。
その国土の海岸線には、ドイツ軍により設置された大量の地雷が手付かずのまま残っていた。
地雷の除去に当たり、デンマーク軍が目をつけたのは捕虜となっていたドイツの少年兵だった。
簡易的な訓練を受けただけの少年兵たちは、故郷への帰還を胸に抱きながら、命がけの作業に臨む。

って感じの話。

邦題がなんか小洒落てますが
英題は「LAND OF MINE」(地雷の地。「私の大地」とかけてるのか)。

ドイツ兵とデンマーク兵のお話ですが、
ヒトラーは直接的には出てきません。
まあ日本人にも受け入れられそうな題名にしたんでしょうが。

そんなことはどうでもいいや。

非情に硬質な作品で、とても私好みでした。

爆発物除去というと「ハート・ロッカー」みたいな
大量の火薬でドーン!ドッカーン!みたいなのを
思い浮かべるかもしれませんが、
この作品はとても静かな作品です。

登場人物が感情を丸出しにしてベラベラ喋ったり、
地雷がドッカンドッカンする中を駆け回ったり・・・
とかいうのは無いです。

悪く言えば盛り上がりにかけるというか
基本的に少年兵が来る日も来る日も地雷除去をするだけの話なんですが、
それでも命がけの地雷除去がテーマなので、
常に緊張しながら観なければならず
ダレることはありませんでした。

こういう戦争映画って
「戦争の悲惨さ」だとか
「少年に押し付けられた不条理」だとかを前面に押し出して
やたら登場人物にそれを語らせたがることが多いですが、

この映画はあまりそういう見せ方はしてません。
ドイツ人少年兵はデンマーク軍の上官に怒鳴り散らされて
戦争の悲惨さを訴えるどころか声をだすのに精一杯ですし。

登場人物が「誰かの伝えたかったこと」を喋るのではなく、
「こんな環境に置かれたらこうなるわな」と思える言動をしていて、
非情にリアルに描かれてるんじゃないでしょうか。

あ、もちろん映画的にハートフルな場面もありますよ。

まあ私が言いたいのは
「戦争って悲惨!」とか「不条理!」「大人や政治家は汚い!」とか
いちいち言わんでも
言わせんでも
何かが爆発して、誰かが死んでりゃ
そんなことは勝手に胸に湧き上がる感情なのであって、
映画だったら、それを、言葉じゃなく、画で、見せろ!!
と。
この映画はそういうシンプルな手法での心の捉え方に
成功してるんじゃないんでしょうか。

捕虜になった子供が
毎日毎日地雷原で死と隣り合わせの作業をやらされてるのを見りゃ
別に言葉はいらんのですよ。

救いようのない状況を描いた作品なので
明るい気持ちにはなれないでしょうが、
映画としての作り方がかなり面白かった作品でした。








◆「MERU メルー」

★★★★☆(観てよかった)

ヒマラヤ山脈の一角を成す「メルー峰」、
そこに至る直登ルートの岸壁「シャークスフィン」は、前人未到の難所であった。
コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの三名の登山家は、
それぞれの思いと、それまでの人生を胸に、そこに挑む。
これは、山岳カメラマンでもあるジミー・チンにより撮影された、
メルー登頂の「真実の」記録である。

って感じの映画。

別に山に詳しいわけじゃないんだけど
なんとなく登山家って憧れるよね。

まあ山だけじゃなくて
文字通り命がけで何かに挑んでる人の姿には
必ず胸を打たれるものがありますよ。

ちなみに
上にも名前が出た
登山チームのリーダー、コンラッド・アンカーは
「そこに山があるからだ」で有名なマロリーの遺体を発見した人らしい。
おいおいリアル「神々の山嶺」の世界じゃねーか・・・。

「神々の山嶺」が好きな人は
多分面白いと思いますよ。

で、
この映画。

過酷なメルー登頂を、登山者自らが撮影しただけあって
非情に真に迫った映像でエベレストの厳しさを伝えてくれるのだけど
それにもまして
映画の進行とともに明らかになる
登山チーム三名それぞれの
山に対する思いと記憶に
胸を熱くさせられるのですよ。

ネタバレになるから詳細は書きませんけど
ドキュメンタリー作品だから、随所に本人たちのインタビュー映像が挟まれるんですわ。

まあみんな
トップクラスの登山家とはいえ
ぱっと見はその辺にいそうなオッサンたちですわ。
話し方も至って常識的だし
そこから受ける印象は我々と何も変わらないものです。

だけど
話が進むに連れ
「おいおいお前いま平然と話してるけどそんなことあったんかい」
みたいな話が出るわ出るわ。

私はこういう
いい意味でちょっと頭のネジが外れた人の話を知ることが大好きなので
とても感動してしまいました。

登山家たちがチームの仲間にかける思いや
師弟関係(メンターとかセンセイっつーてたか)の重要性に関しても
私の知らないところだったので興味深かく感銘を受けましたねー。

一流登山家がどういう人達なのか興味のある方は
是非オススメします。











追伸:前回の記事に拍手コメントをくれたどっかの坊主へ

俺も好きだぜ

| 観た映画2016 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「DOPE ドープ!!」 「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」観たよ

ウェ~イ↑↑w

今更ですがあけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします!!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
(実は喪中だからあんまおめでたくないんだけど)

私の今年の目標は・・・

とか言ってて達成できた―
というか達成しようと試みたことすらないんで
もう目標とか定めないようにしてるんですが

まあ新年を迎えていい区切りなので
今年こそはこのブログを
もっとこまめに更新していこうと思ってるのです。

そんなんで
自分なりのルールとして
映画を観たらちゃんと感想を書こうと決めました。

大した感想は書けないし
誰も興味ないと思うけど
自分なりになんか発信しなきゃと思うのよ。

Twitterでもいいんだけど
文字制限がかったるいのと
色んな意味で反応が速いから
それに一喜一憂するのが疲れるんじゃ。

んじゃやります。

●「DOPE ドープ!!」
★★★☆☆(まあまあ面白かった)

ロサンゼルスのめっさ治安が悪い地区に暮らす、有色人種の90年台ヒップホップオタク三人組が、
ひょんなことからギャングが売買するはずだった大量のドラッグを手に入れてしまい、
知恵と機転で困難を乗り越えていこうとするお話。

みんな!
「ストレイト・アウタ・コンプトン」は観たか!?
三鷹市下連雀三丁目!?

この「DOPE」もあの世界とさほど変わらない。
年代的には20年近く経ってるはずなんだけどね。
犯罪多発地域から脱出するために黒人青年が奮闘する話です。

ただ音楽映画というよりは
ハチャメチャストーリーが主になってる。

んまあ面白いし飽きない作りではあるんだけど
ちょっと都合が良すぎる気もしてモヤモヤ

全体的に見れば面白かったかな。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●「ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years」

★★★★☆(観てよかった)

誰でも知ってるビートルズ。
この作品は彼らが1962年のデビューから1966年のライブ活動終了までを
重点的に取り上げたドキュメンタリーで、「The Touring Years」とあるように
彼らの人間的な部分や裏事情を深く探るというよりは
ライブ映像を通じて彼らと彼らに影響された世界を映し出している。

俺はビートルズ世代じゃないし
曲も有名なのを数曲知ってるだけで
ぱっと見じゃジョージ・ハリスンとポール・マッカートニーを見分けられないレベルだけど、
やっぱりビートルズってすげえんだなってのが
よく伝わってきていい映画だと思ったよ。

最初はやんちゃな青年だった彼らが
熱狂の中で歳を重ねるにつれ
いろいろと変化してゆく様が
なんとも言えず感傷的だったなあ。

あ、それと劇場限定で
映画本編が終わった後
30分に渡るライブ映像が流れるのよ。

俺はまあ楽しめたんだけど
正直なくても良かったかなとは思った。

なんつーか
映画本編には映画本編のラストがあるわけで
その余韻をエンドロールとともに噛み締めながら
映画館を後にしたかったな、
というのも素直な感想。

他の観客の中には
帰りだしたりゴソゴソしだす人もいたりで
ぶっちゃけ劇場全体の集中力が切れたのを感じてしまったよ。

本編ラストの
ルーフトトップ・コンサートが素晴らしかっただけに
余計にね・・・。


映画から離れるけど
新都社には「リンゴ・スター物語」という
ロドみ先生の名作がある。
リンゴを中心にビートルズの歴史を面白おかしく描きながらも
彼らの歩みを真摯に追っている素晴らしい作品なので
未見の方には是非オススメしたい!

ちなみにこの漫画内でも解説されている通り
リンゴ・スターは天才集団ビートルズの中で
凡人キャラとして扱われることが多い。
(最近では「ジャージー・ボーイズ」でもディスられてたな・・・)

ただライブ映像でみるリンゴは
当たり前だけど凄いぞ!

俺は音楽とか楽器は丸っきり初心者だけど
それでも直感的にリンゴ(含むメンバー全員)の凄さは分かった。
機械みてえなんだもん!!




ーーーーーーーーーーーーーーーー
おしまい。

| 未分類 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイトル入れ忘れた^^;

こんばんみ

こっちも更新せにゃ
と思っていたんですが
特にネタも無かったので・・・

ただ、もうすぐ年も暮れるんで
毎年(?)やってる
その年に見た映画のレビューを
この機会にやっとこうと思います
(なにもクリスマスイブにやらなくても・・・)

ちなみに2015年のはここに
2013年のはここにあります
(2014年はサボってる・・・)

あんまりレビューとか好きでもないんですけど
後から見返すと結構面白かったりするんですよね

写真とかもそうで
その場にいる時は
「この感動は写真じゃ収められねぇ!」
とか思って撮らなかったりするんですけど
撮っとくと撮っといたで
あとで見た時に案外楽しかったりするんですよね

自分は記録とかマメな作業が苦手なんですけど
その時は
「こんなん残してもしょうがないっしょ・・・」
と思ってても
後から見ると良い思い出になってたり・・・

また余談が過ぎてしまいましたが
今年の映画レビューです

ブリッジ・オブ・スパイ・・・まあまあ
シーズンズ 2万年の地球旅行・・・周りが子連ればかりでちょっと肩身が狭かった
白鯨との闘い・・・爆睡してしまった!
ザ・ウォーク・・・いいんじゃない?
ブラック・スキャンダル・・・ジョニー・デップはやっぱり凄い
オデッセイ・・・いいね
レヴェナント: 蘇えりし者・・・なんか痛々しかった
殿、利息でござる!・・・こういうの好きじゃねんだ
海よりもまだ深く・・・かなり良かった
日本で一番悪い奴ら・・・勢い良し。ただ主人公が強い柔道家に見えねえ。
疑惑のチャンピオン・・・いいね。おくすり万歳\(^o^)/
シン・ゴジラ・・・絶対受け付けないと思ってたけど意外とイケた
この世界の片隅に・・・素晴らしい作品なんだけど、原作みてなかったらもっと感動出来たかと思うと悔しい
ハドソン川の奇跡・・・イーストウッドらしい佳作
ローグ・ワン・・・EP7より遥かに良かった
サウスポー・・・良いね
シング・ストリート 未来へのうた・・・ジョン・カーニーの安定感
ドント・ブリーズ・・・良くも悪くも期待通り
トランボ ハリウッドに最も嫌われた男・・・へぇ~
永い言い訳・・・西川美和らしい佳作
ナイトクローラー・・・なかなか良かった
湯を沸かすほどの熱い愛・・・ちょっとダメ
ヤクザと憲法・・・勘違いしてる人多いけど、ヤクザのしょっぱさを描いた作品だよ?
チリの闘い・・・良いドキュメンタリーだったけど、三部作ぶっ通しで観るのはキツかった
Doglegs・・・まあまあ
ディーパンの闘い・・・う~ん、おしい
ロブスター・・・爆睡しちまった
PK・・・「きっと、うまくいく」ほどではないかな
コップ・カー・・・とても良い
ボーダー・ライン・・・うーん、まあ、良い
オマールの壁・・・ちょっと良い
カルテル・ランド・・・素晴らしい。こういうの増えて
マイケル・ムーアの世界侵略のススメ・・・あ~ん、まぁ、まぁ、、、
FAKE・・・なかなか興味深い
葛城事件・・・怖いねー
レジェンド・・・もうちょっとさぁ、、、
クワイ河に虹をかけた男・・・凄いですね~
弁護人・・・まあ良い
機動戦士ガンダム THE ORIGIN IV 運命の前夜・・・モビルスーツ戦はやっぱりカッコイイ、、、
彷徨える河・・・そこそこ


今年はなんというか佳作が多かった印象ですね~
あんまりガツンとくるのは無かった気がする・・・
「コレはガツンときたよ!」ってのがあったら教えてほしいっす。

個人的に
ナンバーワンというわけじゃないけど
印象に残ったのは
「海よりもまだ深く」ですかね

ぶっちゃけストーリーだけ読んだら
「こんなの映画にするんじゃねぇ!」
って感じの作品なんですけど
平凡な人物の平凡なストーリーを
本物の役者が演じきるとこうなるんじゃなぁ・・・
って感動しちまいました

樹木希林が西武沿線上で
すっとぼけた演技をするって意味では
去年観た「あん」と共通するものがあるんだけど
「あん」も「海よりもまだ深く」も
西武沿線上で這いつくばって生きてる
オッサンが主人公だから
俺も将来こんなんになっちゃうのかねぇ・・・
って感じで親近感を覚えて
評価が高くなってしまったのかもしれん。

いや、もう映画の中のさえないオッサンに
片足つっこんでるんですけどね!


それではまた。

| 未分類 | 19:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT