PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぷろやきうのおはなし 高城俊人と永江恭平

WBCも三連覇に届かず、
という無念の結果に終わって

プロ野球ファンとしては
そろそろ開幕するペナントに
目を向けているわけですが

私は毎年開幕前に、
勝手に両リーグで一人ずつ「注目の選手」を決めています。

去年は西武の秋山外野手と
広島の堂林内野手でした。

ミーハーですみません。
プロ野球好きといってもこんなレベルです。

去年の二人はレギュラーとして活躍してくれたので
応援し甲斐もありました。

んで、今年は
西武の永江恭平内野手と
横浜の高城俊人捕手に
個人的に注目してます。

パリーグが西武ばっかりなのは、私が西武ファンだからですw
両選手とも、去年高卒ルーキーながら一軍に定着した選手です。

高城選手は、昨年の試合自体はそれほど注目して見ていませんでした(ファンの方スミマセン。パリーグびいきなんです・・・)。強肩なのは知っていましたが、技術的に荒い部分が多いようでした。(もちろん、高卒捕手が技術的に完成していたら驚愕ですが・・・)
本格的に注目するようになったのは、今オフに谷繁捕手と合同練習したという記事が出て、マスコミへの露出度が上がってからでした。
個人的に気に入っているのはなんといってもあの面構えの良さ、十代とは思えない落ち着いた雰囲気ですね。
受け答えもハキハキしていて捕手らしい機転の良さを感じさせてくれます。

見ていて応援したくなるし、なんか自分も頑張ろうという気にさせてくれる選手だと思います。
ケガがなければすぐに大成しそうなオーラを漂わせているので、伊東・古田・城島・矢野等なき後の「捕手の谷間世代」を盛り上げて欲しいですね。

永江選手は、高城選手とは対照的にまだ歳相応のあどけなさを遺した雰囲気ですが、
守備の際に見せるダイナミックなプレーは新人離れしていて、何度も驚かされました。
現在オープン戦では打撃の方でも頑張っており、メジャーに行った中島裕之の後を継ぐ正ショート候補の一番手です。
中島選手が抜けて戦力ダウンが囁かれていますが、
もし永江選手がレギュラー定着して.250以上の打率を残してくれれば
決して大きな戦力ダウンにはならないと思います。
そう思わせるぐらいこの選手の守備には魅力があります。

古い話になりますが、かつて西武に上田浩明という選手がいました。
守備のスペシャリストで、試合に出るのは殆ど守備固めとして。
実働18年で本塁打はゼロという、まさに「守備だけ」で食っていた選手でした。

90年台にサードレギュラーだった鈴木健選手の守備に難があったため
主にサードの守備固めで起用されることが多かったのですが、
01年、腰痛の松井稼頭央選手がDHで起用されることが多くなった時期に
上田選手がショートのスタメンで出場することが多くなりました。

私はこの期間の上田選手が今でも忘れられません。

恐ろしいほど広い守備範囲でヒット性の打球を次々とアウトにとってみせ、
観戦していた私が思わず、相手打者に「強烈なショートゴロを打ってくれ!」と願ってしまう程
縦横無尽にグランドを駆け回っていました。

本来ショートを守る松井稼頭央選手は当時全盛期で、
もちろん守備も超ハイレベルでしたが、
そんな松井選手の守備を見慣れている西武ファンからみても
上田選手の守備は素晴らしいものでした。
「守備で食っている」男の本領を見せつけられたような時期でした。

永江選手の思い切りの良い守備は、かつての上田選手を彷彿とさせます。
まだ技術的に荒い部分も多いのでしょうが、守備だけで魅せられるレベルの選手だと思います。
もちろん守備専門にならず、打撃や走塁でもレベルアップしてもらって、
石毛ー田辺ー松井ー中島と継承されていったライオンズ遊撃手の地位を確保してもらいたいですね。


また話が長くなってしまいましたが、
このブログを見て下さっている(だいたい10名ぐらいの)読者の方も、
是非機会があったら高城選手と永江選手に注目してみて下さい。
きっと素晴らしい活躍をしてくれているハズです!!


takajo.png nagae.png

スミマセン高城選手のイラスト色塗る前にpng保存してしまったので色塗り諦めました・・・
ファンの方いらっしゃったら本当にスミマセン・・・
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokuhadokoheitta.blog.fc2.com/tb.php/43-70f262e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT