FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Kindleいいよ

ちょっと前にKindleを買いました。
ほとんどマンガしか読んでないんですけど、いいですね。

何が良いかというと

◎かさばらない!
最大の利点。当たり前ですが、かさばりません。
マンガ十冊を持ち歩くのを想像してみてください。Kindleなら可能です。

◎場所をとらない!
これは非常に大きいです。
私は買った後の置き場所を考えてしまって、マンガを買うのを躊躇してしまうことが多いのですが、その心配がなくなりました。

◎すぐ買える!
Amazonで買うことを「ポチる」なんて言いますが、まさにワンタッチで即購入できます。
本屋に行く必要も、郵送で届くのを待つ必要もなくなりました。

◯意外と読みやすい
ディスプレイで本を読むのに多少抵抗がありましたが、目が疲れたり読みにくかったりといった感じはありません。
むしろ、本を開いて読むのに比べると、端末を持つだけなので手の負担は減りました。

◯ちょっと安い
紙に印刷されたものと、電子データを同価値と考えられるかは疑問なのですが、「同じ内容をとりあえず読める」と考えるとお得なのかも・・・しれない。
それと、私は読んでませんが、青空文庫とかはほとんどタダで読めるようになってます。

◯変な本も手に入る
あんまり買ってませんが、どう考えても素人が片手間に書いただろ・・・っていうような本が安価で売ってたりもします。
やはり期待できるような内容ではありませんが・・・。

◎読書に専念できる
今の時代はスマホやタブレットでも電子書籍は読めます。
対してKindleは読書機能しかありませんが、これが逆にネットサーフィンとかに寄り道しないで読書に集中できる良い環境となっています。
まあ、「読書」なんてカッコつけても、読んでるのはマンガですがw

◯電池はまずまず
電池は満充電したら一週間ぐらいは充電しないでもいけます。
もちろん、一日中使用するようだとまた話は違ってきますが。
ただデジタルものなので、今後経年劣化してからどうなるかが怖いです。


もちろん不満点もありまして

×目的のページを探しづらい
画面タッチで1ページずつめくっていく操作法なので、「あのページを読み返したいな」と思っても探すのが結構面倒くさいです。
紙の本なら出来る、パラパラめくって・・・というやつができません。
何度も読み返したい本は出版物で買うのが良いと思います。

×見開きページ・カラーページが表示できない
マンガだと見開きページがありますが、これも片ページずつ表示することしかできません。
あと、カラーに対応していないので全部モノクロです。

×すべての本が電子書籍化されるわけじゃない
そこまで万能だとは思ってませんが、読みたい本がすべて手に入るわけではないです。
マンガの新刊なんかは、単行本化されても電子化されるまで時間がかかったりします。

△ちょっと操作性が悪い
画面タッチして次のページに移るまで、多少タイムラグがあります。
気にするようなほどじゃないですが、間違えて操作してしまった時などはちょっとイラッとします。

△絵がつぶれる
これはどうしても印刷されたものには勝てないんじゃないでしょうか。
やはりマンガの絵はちょっと潰れてしまいます。トーンとかは特に。
今では慣れましたが、最初の頃は違和感を感じました。
マンガ本来の画力を少しでも損なったものは見たくない!という方は出版されたものを買うのが無難。

△際限なく買ってしまう
上で「すぐ買えるのが良い」と書きましたが、ウラを返せばその分カネが飛んでいるということです。
無趣味な独身者である私は本代ぐらいケチケチせずにいきたいと思っているのですが、そうでない方は注意。

×PC用アプリが使いづらい
専用アプリを使えば、PCでも購入したデータを読めます。
こっちで読めば大画面で見開きやカラーページを読むことも出来るのですが、何分重くて使い勝手が悪いです。
まあKindleに求めているものは携帯性なので、あんまり使うこともないですけど。

×結局Wi-Fiが無いと使えない
私は3G通信機能がついたものを買ったので、出先でもネットに接続できる!
・・・と思いきや、マンガのように容量が大きいものは3Gではダウンロードできませんでした・・・。
正直3G通信機能はいらないっす。カネ返せ・・・。

△Kindle本体の購入にカネがかかる
「本を読むためのもの」に一万円以上出費する必要がある・・・というのもなんか変な話ですよね・・・。
ただ、自分はそれぐらいの価値はあるような気もするのですが・・・それにしても安くはないですわな。

こんなところでしょうか。
ちなみにKindleには、安いのと、高いのと、その中間のがありまして、私が購入したのは「Kindle Paperwhite」という中間の値段のやつです。

総評すると、
「マンガをとにかく消費していく読み方には非常に向いている」
「マンガの描画や展開をじっくりと何度も味わうような読み方をしたければ、出版物を買うに越したことはない」
という感じでしょうか。

活字の本はあんまり読んでないのでなにも言えません。
ただ、マンガと同様、話題の本なんかをとにかく流し読んで消化するには向いていると思いますが、何度も読み返す必要がある本を読むのには不向きだと思います。

何かのご参考になれば。
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokuhadokoheitta.blog.fc2.com/tb.php/120-2a9f15c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。