PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アンケート実施結果について(その2)

前回に引き続きアンケートへの返答となります。


◎◎問4◎◎
コメント返信になります。(※超長文注意!※)

●基礎知識がさっぱりなので「問2」は全滅です(汗)
資料集的なページが充実されるとありがたいです。
(年表とか、登場人物と勢力図の変遷とか、役職など用語集とか)
ggrksと言われてしまえばそれまでですが・・・


●毎回楽しみにしています。最後の決着の時まで書ききってくれることを期待w
物語の性質上、登場人物がすごい人数になるので、一覧みたいなのはちょっと欲しいなーと思いました。
あと、その時点での話までの簡単なまとめみたいな・・・年表っぽいのとか。があると話が把握しやすいかなと思ったり。
とは言え、話が進むのが一番なので今後の進展楽しみにしていますw


●内容は面白いと思う。しかし、展開がわかりづらいところがある。また、勢力と人物の解説も欲しい。


●どこに何があるのか程度でいいので、地図が欲しい。


「勢力図や地図が欲しい」とコメントしてくれた方がやはりいらっしゃいました。
12話前編に状況図を記載したところ、コメントで好評頂いたので、ああいうのを続けていきたいと思っています。
ただ、あんまり解説を充実させすぎるのはどうかとも思っているんです。
なぜなら、私は解説ページを作成するのが非常に面倒くさいから「知識がないゆえのワクワク感」を出せる作品を作りたいからです。
漫画でもアニメでも映画でも、登場人物たちがシレッと「世界観」を演出する描写があると、ゾクゾクしませんか!?
例えば私の大好きな「七人の侍」では、戦国時代のサムライたちが火縄銃のことを「種子島」って言うんです。
当時本当に鉄砲が「種子島」と呼ばれていたのかは分かりませんが、私達と同感覚に「火縄銃」とか「鉄砲」と呼ばずに
「種子島」と専門用語っぽく呼ぶことで、サムライたちが一気に「現代人とは違う職業軍人なんだ!!」って思えてくるんです。
あと、「ガンダム」に代表される富野監督のアニメ作品でも、わざと(?)状況説明や時代背景の説明を疎かにして、
視聴者をある意味置いてきぼりの状態にすることで、逆に作品の世界観に食いつかせるような手法が取られているように感じます。
まぁ私の漫画ごときをそういった大作と並べて考えるなんておこがましいことこの上ないのですが、
自分の目指したいのは、そういった「世界観」で勝負できる漫画なのです。
キャラが奇異で面白いとか、歴史の勉強になりそうだとかではなくて、古代中国の殺伐としながらも自由闊達な雰囲気、魅力を伝えられる漫画が描きたいのです。
だからあえて読者の方がすぐには理解できないような描き方をすることが今後もあるかも知れません。
そんな時は、「あ~、よく分からないけど、狙ってやってんだな」と生暖かい目で見守ってやってください。

とはいえ、「理解出来ない」のが「つまらない」「読みづらい」になってしまっては元も子もないということに、
このアンケート結果で気付くことができました(おせーよ)。
なので今後は自分の中で折り合いをつけて、ちゃんと解説すべきところは簡潔にわかりやすく伝えられるように努力していきたいと思います。


うわぁぁ、コメント返信一つでこんなに長文になってもうた・・・
まぁでも、もともとオナニー用のチラ裏ブログだからいいよね(ニッコリ)

続きはまた後日!
スポンサーサイト

| カンニング・スタンツ | 01:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://bokuhadokoheitta.blog.fc2.com/tb.php/10-b28567ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT