2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

中折れしても「YES!」だ!!!

アレハンドロ・ホドロフスキーの作品を初めて観たのは、とある名画座のオールナイトだった。
「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」「サンタ・サングレ」の所謂「三部作」が上演内容で、私はそれまでホドロフスキー監督のことも、作品のことも知らなかったが、ポスターで見る限り「エル・トポ」はシブい西部劇なのだろうと思い込んで(かなり致命的な勘違いであった)、暇に任せて夜の劇場に足を運んだのだった。

上映中は軽い拷問を受けているようなものだった。
どうしようもなく魅力のない作品なら、居眠りをして時が過ぎるのを待つこともできたが、やけに画面が眼と脳を捉えて離さない。
寝ることも出来ず、理解することも出来ず、楽しむことも出来ず、不満を感じることも出来ないまま朝を迎えた。

最後に(前二作に比べれば)ややキャッチーな「サンタ・サングレ」があったのが救いといえば救いだったが、「ホーリー・マウンテン」を観ているときは本当にヤバかった。
しかも劇場側の不手際なのか、「エル・トポ」の上映中にトラブルがあって、結構な時間上映中断になったりしたことも、私の神経を十二分にすり減らした。

そんなんで私はホドロフスキー映画を知ったのだが、感想といえば「世の中にはこんな映画を作る人もいるんだぁ」と思い知らされたぐらいで、特にファンになるわけでも、もう一度作品を見直そうとするわけでもなかった。
いや、もう二度と見ることはないだろうとすら思っていた・・・。

最近になって、ホドロフスキー監督が新作を出すと聞いた。
それと合わせて、同監督の未完の大作を追ったドキュメンタリー「ホドロフスキーのDUNE」が公開された。

新作「リアリティのダンス」には、前記のような理由もあって正直食指が動かなかったが、「DUNE」の方は予告を見て面白そうだと感じたので観てみることにした。
「DUNE」を観て驚いたのは、「エル・トポ」や「ホーリー・マウンテン」の狂ったオッサンはホドロフスキー監督本人だったこと。(そういうことも知らずに映画を見ていた)
私はホドロフスキー監督を、きっと偏屈で屁理屈の多い小難しい人なのだろうと勝手に思い込んでいた。
だが、このドキュメンタリーで雄弁に語る監督は、84歳という年齢を全く感じさせず、あふれる情熱と才能を抑えきれない男の中の男であり、稀代の大変人だった。

「ホドロフスキーのDUNE」は未完に終わった「DUNE」の顛末を綴った物語だが、本旨はホドロフスキー監督が自身の信念をしゃべり倒すところにあったと感じる。
私は馬鹿なので、作中でホドロフスキー監督が語っていた言葉を今では殆んど忘れてしまったが、「モノを造る」という行為に命と信念を懸けながらも、少年の欲望を追い求め続けた芸術家の清々しい言葉の一つ一つに、時に笑い、時に感動した。

そんな感傷が胸にまだ残るなか、ホドロフスキー監督の新作「リアリティのダンス」を観てみることにした。



やっぱり、あんまよく分かんなかった。




【追記】
ちなみに「リアリティのダンス」は「エル・トポ」「ホーリー・マウンテン」に比べると大分平易な作品でした。
むしろ、ちょっと牙が抜けたような感じすら有りましたが、ホドロフスキーの映画であったことは確かです。
渋谷のアップリンクだとモザイクなしで観れると聞き、そこで観ました。オペラ母ちゃんの放尿シーンがバッチリ見えました(うん)
最近の映画だと、「太秦ライムライト」を観ようと思っていて結局見逃してしまったのが後悔だったのですが、六本木で追加上映されることが分かってホッとしています。
最近観たので興味深かったのはやっぱり「アクト・オブ・キリング」でしょうか。
ちなみに昨日は「日本のいちばん長い日」でしたね。

(映画ネタでシメたぞ!)
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜が流れて

歴史に取材したマンガを描いていると
「こいつらなんでこんなことしてたんじゃ?」
って思うことがいくつもあります。

そういう時に
どういう解釈ができるかどうかが
素人としての楽しいところだと思っている。

だから
あんまり自分やどこかで勝手に作られた
変なイメージは捨ててしまったほうが楽しい

項羽と劉邦の物語には
名前も出生もろくに分からない下層の生まれの劉邦と
将軍の家系に生まれた名族の項羽の戦いというのが
大前提として横たわっているわけだけど

しかし劉邦という人物は
最終的な勝者なだけあって
この時代の人物としては破格な数のリアルな逸話が残されていて
庶民の出身にしてはその前半生をかなり細かく伺い知ることができるし

逆に項籍という人物は
最終的に敗者となったので仕方ないことだが
断片的かつ抽象的な逸話がいくつか残されているだけで
分からないことの方が多い。

劉邦の両親をつかまえて「まともな名前も分からない」というけど
項籍なんて父親の情報が1ミリも分からないんだぞテメェ!!
名族か!
この時代の人物で
家庭環境について劉邦ほど情報が残されている人なんて
他にいませんですわよ。

とまあ
こんなふうに
「劉邦=庶民の出身=まともな情報が残されていない」
「項羽=貴族の出身=確かな出生と恵まれた環境」
みたいに先入観をもってしまうのは
想像の余地を狭めるかもね、と

劉邦は確かに分からないことも多いけど
この時代の人物としては
一番情報量が多いといっても
過言ではない人物ではありませんか

項羽に関しては
年齢が分かっているから
「いよ!さすが名族!!年齢不詳の劉邦とは違うね~」
みたいに言われることもあるけど
それはたぶん彼が破格の若さで一生を駆け抜けていったから特筆されただけであって
劉邦に限らずこの時代の人物は出生年の分からない方が一般的なのです

こんなふうに
物語の「登場人物紹介」からして
色んな人の手垢にまみれているのだよ

各人の行動なんてのは
そりゃもう自己弁護と牽強付会と勝手な思い込みに塗りったくられて
イカリングかとおもったらオニオンリングでした
みたいな
みたいに
なっているんじゃないんでしょうか

いや、拙者が勉強不足なだけかもしれないでござるが

うん






ブリブリッ

長くなってまとまらなくなったので試合終了

| 未分類 | 02:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |